十二銀行七尾支店 明治42年(1909年)

明治42年(1909年) 十二銀行七尾支店


みそぎ川沿いにある「寄合処御禊館」の前身、株式会社十二銀行七尾支店です。十二銀行は、富山県の銀行で明治10年創立です。大正時代には国債事務、日本興業銀行、日本勧業銀行の代理店事務を取り扱うなど能登における金融界の重鎮で北陸有数の銀行であったそうです。土蔵造りの立派な建物です。
こちらは明治42年(1909年)ころの写真です。大正時代の写真と比べると橋が違うなどいろいろ相違点があっておもしろいです。