泰平橋から府中町・ 中の棚通りを望む

みそぎ川に架かる泰平橋から中の棚通り(向かって右側が桧物町で左側が府中町になります。)に向かって撮影した一枚です。見にくいですが、川沿いに道が確認でき、また橋の形状から明治38年の大火以降大正5年以前の写真と思われます。向かって右側の二、三軒目の一際大きい鬼瓦をのせた屋根の建物は当時隆盛を誇った春木屋呉服店でしょうか。この当時、川の岸壁は石垣で、下水の排水口も石づくりのものです。